FC2ブログ

Entries

玉砕の島の慰霊碑が泣いている ≪1≫

-この記事は「諸君」2007年8月号から転載しています。執筆者は笹幸恵さん-


「朽ち果てた慰霊碑」

三、四軒の民家が、広場を囲むように点在している。その小さな集落を抜けると、ふいに視界が広がった。やしの木がポツリポツリと立っているほかは、見事なまでに何もない。そこは一面の焼け野原になっていた。
焼畑農業のために開墾された土地だった。しかし耕す人もおらず、放置されたままになっている。焼けた枯れ草に埋もれるようにして、石塊が転がっていた。ところどころ黒く焼け、荒々しく砕かれて散らばっている大小いくつもの石。

ガダルカナル島・ガバガ村で見たこの光景を、私は忘れることが出来ない。

ガダルカナル島は昭和十七年八月、太平洋戦争中の陸戦において、日米が攻守所を代えた激戦地である。補給が途絶え、「撃つに弾なく、食うに糧なく」の圧倒的不利な状況で、日本軍の上陸将兵約三万四千名のうち、二万名近くがガダルカナル島で亡くなった。半数以上が戦闘による死ではなく、「餓死」または「病死」であった。悲惨な歴史を刻む島である。

一方の米海兵隊は、ルンガ飛行場の奪回を企図し、約二万名がガダルカナル島の北岸中央部のテレレ海岸に上陸した。その海岸からやや内陸に入ったところに、ガバガ村はある。

集落の裏手に、無造作に転がっている石塊。それはかつて、この地で戦った日本兵を偲んで建立された慰霊碑の残骸だった。二〇〇五年一月のことである。島民の記憶によると、ここには十五柱の遺骨が納められていたという。しかし、いつ、誰が建立したものなのか、今となっては、もはや探り当てる術もない。

訪れる人もなく、朽ち果てるに任せたままの慰霊碑。風化していくのは戦争の記憶ばかりではない。この地で戦い、飢えに苦しみ、病に斃れた兵士たちを弔うために建立された慰霊碑もまた、歳月と共に忘れ去られようとしているのだ、と思った。

私は二〇〇五年から二年あまり、十箇所にのぼる太平洋の島々を歩き、各地でいくつもの民間人建立慰霊碑を目にしてきた。もちろん管理が行き届いているものもある。しかしあるものは打ち果て、土台しか残っておらず、あるものは陸路が閉ざされ、慰霊碑そのものを確認することすらできなかった。また銘版や観音像が盗まれたり、落書きされているものもあった。

これが国のために命を捧げた人々に対する日本の、いや日本人の慰霊のあり方だとは信じたくない。しかし現実は、我々の父祖の多くが傷つき、死んでいった地を訪れる人々は年々減少しているのである。
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jyma.blog106.fc2.com/tb.php/91-416dad23

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

鬼軍曹

Author:鬼軍曹
「戦史検定」のスタッフブログです。

戦史検定公式サイト:http://www.senshikentei.org/
ツイッター : senshikentei
mixiコミュ: 「戦史検定」

などなど、営業中。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【戦史検定 in 仙台】
日時:平成25年2月24日(日)
場所:仙台市情報・産業プラザ
受験料:3800円

試験は初級のみ。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


≪第3回戦史検定スポットCM≫

ポスターギャラリー

パイロット
昭和
おじいさん
イラスト

--戦史検定の紹介 --

平成23年11月20日 日本青年館
≪第2回戦史検定≫

平成22年11月21日 上智大学
≪第1回戦史検定≫


【初級推薦図書】
図解 太平洋戦争 (歴史がおもしろいシリーズ!)
図解 太平洋戦争 (歴史がおもしろいシリーズ!)

太平洋戦争 決定版 (1) 「日米激突」への半世紀 (歴史群像シリーズ)
太平洋戦争 決定版 (1) 「日米激突」への半世紀 (歴史群像シリーズ)

【その他】
【笹幸恵さんの新刊!】 「日本男児」という生き方
「日本男児」という生き方

【笹幸恵さんの著書】
「白紙召集」で散る―軍属たちのガダルカナル戦記
「白紙召集」で散る―軍属たちのガダルカナル戦記

女ひとり玉砕の島を行く
女ひとり玉砕の島を行く

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

陸上自衛隊検定