FC2ブログ

Entries

4月1日(昭和19年) 古賀峯一司令長官殉職、4月1日(昭和20年) 米軍沖縄本島に上陸

4月1日(昭和19年) 古賀峯一司令長官殉職(海軍乙事件

2月中旬トラックからパラオへ根拠地を移した連合艦隊であったが、米軍の太平洋における進出は早く、3月30日から31日にかけて今度はパラオ諸島が米機動部隊の空襲を受けた。

今回も事前に情報をつかんだ連合艦隊司令部は、主力艦隊をフィリピン方面へ避退させたが、残存していた艦船20数隻が撃沈破された。

このためパラオの陸上にあった古賀峯一長官、福留繁参謀長らは、司令部をミンダナオ島のダバオに移すことになる。

31日夜2機の飛行艇に分乗しパラオを出発したが、途中低気圧にまきこまれ古賀長官らは殉職、福留参謀長機はセブ島沖に不時着。現地のゲリラに捕えられ、次期作戦計画書が米軍の手にわたってしまう。

前年の山本五十六長官戦死を甲事件、今回の事件を乙事件と呼んでいる。
なお古賀長官の後任には、豊田副武大将が任命された。



4月1日(昭和20年) 米軍沖縄本島に上陸

沖縄本島を守備するのは牛島満中将指揮の第32軍で、第24・62師団、独立混成第44旅団、軍砲兵隊、それに太田実少将指揮の海軍部隊など約10万であった。
当初第9師団も沖縄にあり、第32軍は豊富な砲兵力を活かし水際撃滅作戦を考えていた。

しかし、レイテ決戦のため台湾から3個師団が派遣されたことから、その穴埋めに第9師団が抽出されてしまう。
これにより第32軍は作戦方針を転換。首里を中心に縦深陣地を構築してできるだけ長く米軍を沖縄に足止めし、出血を強いることになった。

米軍は3日間ほとんど日本軍のいない嘉手納海岸に事前砲爆撃後、4月1日上陸。
バックナー中将指揮の総兵力24万もの大部隊で、日本軍の抵抗はほとんどなく無血上陸であった。米軍将兵は「ウシジマは偉大な戦略家か、よほどの馬鹿である」と評したという。

米軍は中央部から島を南北に分断。それぞれに侵攻を開始した。
北部はジャングルに覆われた山岳地帯であることから戦略的価値は低く、本部半島とその沖合に浮かぶ伊江島に日本軍が少数配備されていたが、米軍の攻撃により短時日で壊滅した。南部の日本軍複郭陣地に米軍が進出し、本格的な日米軍の戦闘が始まったのは上陸1週間後である。

日本軍はこの地域の丘陵地形を最大限に活用。各陣地の連携も徹底されており、米軍将兵に「日本軍陣地は永久に陥ちないのではないか」と思わせるほどで、米軍の中には脳症患者が続出した。

しかし、大本営からの要請を受けた第32軍は5月4~5日に総攻撃をかけるが、これが失敗に終わり兵力を大きく損耗。

結果首里戦線を維持できなくなり、5月末最南部の喜屋武半島に後退することになる。
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jyma.blog106.fc2.com/tb.php/376-d5b4fdac

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

鬼軍曹

Author:鬼軍曹
「戦史検定」のスタッフブログです。

戦史検定公式サイト:http://www.senshikentei.org/
ツイッター : senshikentei
mixiコミュ: 「戦史検定」

などなど、営業中。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【戦史検定 in 仙台】
日時:平成25年2月24日(日)
場所:仙台市情報・産業プラザ
受験料:3800円

試験は初級のみ。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


≪第3回戦史検定スポットCM≫

ポスターギャラリー

パイロット
昭和
おじいさん
イラスト

--戦史検定の紹介 --

平成23年11月20日 日本青年館
≪第2回戦史検定≫

平成22年11月21日 上智大学
≪第1回戦史検定≫


【初級推薦図書】
図解 太平洋戦争 (歴史がおもしろいシリーズ!)
図解 太平洋戦争 (歴史がおもしろいシリーズ!)

太平洋戦争 決定版 (1) 「日米激突」への半世紀 (歴史群像シリーズ)
太平洋戦争 決定版 (1) 「日米激突」への半世紀 (歴史群像シリーズ)

【その他】
【笹幸恵さんの新刊!】 「日本男児」という生き方
「日本男児」という生き方

【笹幸恵さんの著書】
「白紙召集」で散る―軍属たちのガダルカナル戦記
「白紙召集」で散る―軍属たちのガダルカナル戦記

女ひとり玉砕の島を行く
女ひとり玉砕の島を行く

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

陸上自衛隊検定