FC2ブログ

Entries

11月12~13日(昭和17年) 第三次ソロモン海戦一次夜戦

11月12~13日(昭和17年) 第三次ソロモン海戦一次夜戦

ガダルカナル島において第2師団の総攻撃の失敗後、第17軍は第38師団(師団長佐野忠義中将)の投入を決め、11隻の輸送船による一挙揚陸が決定される。

前回の第2師団のときと同様、戦艦の艦砲射撃による飛行場制圧が再度計画された。

阿部弘毅中将指揮の戦艦「比叡」・「霧島」と護衛の軽巡「長良」駆逐艦11隻が、ガダルカナル島に接近。
これを事前に察知していた米軍は、キャラガン・スコット両少将が率いる重巡1・軽巡3・駆逐艦10の部隊が待ち構えていた。

しかし、両軍とも思いもかけないことが重なり、彼我入り乱れての混戦となる。
12日から13日に日付が変わる40分余りの乱戦の結果、米軍は参加艦艇14隻のうち、軽巡「アトランタ」・「ジュノー」と駆逐艦4隻が沈没。重巡「サンフランシスコ」軽巡「ポートランド」が大破、無傷だったのは駆逐艦1隻だけという大損害をこうむった。

さらに、キャラガン・スコット両少将とも戦死している。

日本側は、戦艦「比叡」が舵を損傷し現場で立ち往生となり、翌日自沈。
日本が失った初めての戦艦となる。
その他駆逐艦「夕立」・「暁」が沈没。この海戦における「夕立」の活躍は有名である。しかし、当初の目的であった飛行場砲撃はならなかった。

これを受け、山本長官は輸送船団のガダルカナル突入を一日延期。
それに呼応して、支援隊としてこの海域に進出していた西村祥治少将指揮の重巡「鈴谷」・「摩耶」と軽巡「天龍」駆逐艦4隻が13日深夜ルンガ沖に接岸、ヘンダーソン飛行場砲撃を成功させた。
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jyma.blog106.fc2.com/tb.php/271-e8098a0a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

鬼軍曹

Author:鬼軍曹
「戦史検定」のスタッフブログです。

戦史検定公式サイト:http://www.senshikentei.org/
ツイッター : senshikentei
mixiコミュ: 「戦史検定」

などなど、営業中。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【戦史検定 in 仙台】
日時:平成25年2月24日(日)
場所:仙台市情報・産業プラザ
受験料:3800円

試験は初級のみ。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


≪第3回戦史検定スポットCM≫

ポスターギャラリー

パイロット
昭和
おじいさん
イラスト

--戦史検定の紹介 --

平成23年11月20日 日本青年館
≪第2回戦史検定≫

平成22年11月21日 上智大学
≪第1回戦史検定≫


【初級推薦図書】
図解 太平洋戦争 (歴史がおもしろいシリーズ!)
図解 太平洋戦争 (歴史がおもしろいシリーズ!)

太平洋戦争 決定版 (1) 「日米激突」への半世紀 (歴史群像シリーズ)
太平洋戦争 決定版 (1) 「日米激突」への半世紀 (歴史群像シリーズ)

【その他】
【笹幸恵さんの新刊!】 「日本男児」という生き方
「日本男児」という生き方

【笹幸恵さんの著書】
「白紙召集」で散る―軍属たちのガダルカナル戦記
「白紙召集」で散る―軍属たちのガダルカナル戦記

女ひとり玉砕の島を行く
女ひとり玉砕の島を行く

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

陸上自衛隊検定