FC2ブログ

Entries

10月25日(昭和19年) レイテ沖海戦3日目

10月25日(昭和19年) レイテ沖海戦3日目

(志摩艦隊の反転)
西村艦隊に続きスリガオ海峡に入った志摩艦隊であったが、未明に西村艦隊の惨状を見、さらに旗艦である重巡「那智」と西村艦隊の一艦である重巡「最上」が衝突してしまう。
「那智」は艦首を大破、敵状もわからないことから志摩艦隊は反転した。

(サマール沖海戦)
24日深夜サンベルナルジノ海峡を無事通過した栗田艦隊は、25日早朝サマール島沖で米艦隊と遭遇した。栗田艦隊はこの艦隊をハルゼー機動部隊の一群と思い込み、攻撃を開始した。しかし実際は、上陸支援の護衛空母部隊タフィ3(護衛空母6・駆逐艦7)だった。
司令官スプレイグ少将は巧みに防戦。逆に、この部隊の他周辺にいた護衛空母群からの航空機の攻撃もあり、重巡「鳥海」・「鈴谷」・「筑摩」が沈没、「熊野」も大破した。
これに対して米艦隊は、空母「ガンビア・ベイ」と駆逐艦3を失っただけだった。
敵艦隊追撃を打ち切り、再集合してレイテ湾に向けて進撃を再開した栗田艦隊だったが、レイテ湾まであと3時間という地点で謎の反転をしてしまう。

(エンガノ岬沖海戦)
栗田艦隊をレイテ湾に突入させるため囮となった小澤機動部隊は、24日昼に米艦隊に対して約60機の攻撃隊を発進させるが、戦果はなかった。
ただ基地航空部隊(第2航空艦隊)が、軽空母「プリンストン」を撃沈している。
25日、小澤艦隊は午前から午後にかけて数次の敵艦載機の攻撃を受け、空母「瑞鶴」・「瑞鳳」・「千歳」・「千代田」・軽巡「多磨」・駆逐艦2隻が沈没した。
大きな損害を出しながらも囮作戦を成功させたが、栗田艦隊の反転によりその犠牲は報われなかった。

(神風特別攻撃隊の出撃)
台湾沖航空戦で戦力のほとんどを消耗していた第1航空艦隊(司令官大西瀧治郎中将)は、艦隊援護のため爆装零戦による体当たり攻撃を決定。
21日より出撃を繰り返していたが、ようやく25日米護衛空母群と遭遇。
隊長関行男大尉指揮の敷島隊は、サマール島沖で栗田艦隊の追撃からようやく逃れたタフィ3に突入、護衛空母「セント・ロー」を撃沈した。
また、別の隊がタフィ1を攻撃。護衛空母「サンテイー」と「スワニー」を大破させている。
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jyma.blog106.fc2.com/tb.php/265-cd60a498

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

鬼軍曹

Author:鬼軍曹
「戦史検定」のスタッフブログです。

戦史検定公式サイト:http://www.senshikentei.org/
ツイッター : senshikentei
mixiコミュ: 「戦史検定」

などなど、営業中。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【戦史検定 in 仙台】
日時:平成25年2月24日(日)
場所:仙台市情報・産業プラザ
受験料:3800円

試験は初級のみ。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


≪第3回戦史検定スポットCM≫

ポスターギャラリー

パイロット
昭和
おじいさん
イラスト

--戦史検定の紹介 --

平成23年11月20日 日本青年館
≪第2回戦史検定≫

平成22年11月21日 上智大学
≪第1回戦史検定≫


【初級推薦図書】
図解 太平洋戦争 (歴史がおもしろいシリーズ!)
図解 太平洋戦争 (歴史がおもしろいシリーズ!)

太平洋戦争 決定版 (1) 「日米激突」への半世紀 (歴史群像シリーズ)
太平洋戦争 決定版 (1) 「日米激突」への半世紀 (歴史群像シリーズ)

【その他】
【笹幸恵さんの新刊!】 「日本男児」という生き方
「日本男児」という生き方

【笹幸恵さんの著書】
「白紙召集」で散る―軍属たちのガダルカナル戦記
「白紙召集」で散る―軍属たちのガダルカナル戦記

女ひとり玉砕の島を行く
女ひとり玉砕の島を行く

にほんブログ村 歴史ブログ 太平洋戦争/大東亜戦争へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

陸上自衛隊検定